2011年08月31日

勝手にALL TOGETHER振り返り

all.jpg


個人的MVPはKENSO選手。
一つになることが趣旨の大会のメインで、彼は最後独りぼっちになり、
王者三人のフィニッシュムーブ三連発を浴びて敗れた。
何と言う大会趣旨との矛盾、汚れ役。
そして、彼の醸し出す独特の狂気じみた、怪奇的世界観。
何をやりだすか分からない、不安と期待感。
でも何気にそれは、プロレスというジャンルを象徴しているような気がする。
賛否両論あると思うけど、個人的に良かったなあ。
もちろん、彼みたいな選手ばっかだと困るし、
かなり対戦相手を選ぶ選手だと思った。
もともとプロレス向きの体躯をしてないような気がするし、
受身もイマイチだと思うけど、今後もすげー期待できる。
会場での人気も高いし、張り手もインパクトがあって良い。
結局この大会で自分の世界観を一番強烈に打ち出せたのは、彼だったし。


ドラマを感じさせたのは、大森に手を貸し立ち上がらせて握手すると思わせ、
冷徹に場外に投げ捨てた秋山準選手。
またこれも、非常識なプロレスの常識が感じられ印象に残るシーン。
まさにスターネス、彼らしい愛情表現。
2人のこれまでの物語を知るファンにとっては、
これからの展開を匂わせるわくわくするような場面でした。
入場から試合、退場まで、自身のスタイルを貫き通した秋山選手、
これからも期待してます。


他に、個人的にこの大会で光っていたと思うのは、
鈴木みのる、リッキー・マルビン、稔、平柳玄藩選手、
改めて好きになったのはTAICHI,大和ヒロシ選手。
鈴木みのる、TAICHI、小憎らしくて最高。
ああいうタイプがいないとプロレスは盛り上がらないし、
よほど人心掌握の術に長け、試合全体を見渡せないと出来ない芸当だし。
NO MERCYと金本・稔の刺激的な絡み。
Apollo 55のダブル・ノータッチ・トペ・コンヒーロは、
プロレスを初めて目にした方を驚かせるのに十分だった。
特に目まぐるしくシンプルに心に届くジュニアの攻防は、
何度でも映像を巻き戻して見てみたい衝動に駆られました。

三団体のチャンピオンはもちろん、ヘビー級の選手たち。
小橋建太、武藤敬司、それぞれの役どころで素晴らしい仕事をしました。
曙、吉江、浜、森嶋の超重量級コンビは、
体重以上のインパクトを観客に与えてくれた。
大会の構造上多人数の試合形式が多くて、
全選手が十分に各々の魅力を100点満点で発揮できたとは言いがたいけども、
全ての試合がメインと言っていいほど充実した内容でしたね。


ただひとつ残念なのはオーラビジョンが無かったこと。
全国的な節電傾向、経費を差し引いた興行収益を寄付するというスタイル上、
仕方ないことなのかもしれない。
ただ、この大会の裏テーマの一つに、
「プロレスの復興」というものがあると思うんすよね。
試合の細かな状況や選手の表情を見るのはもちろん、
煽りVTRで選手のこれまでのストーリーや試合のテーマ、必然性を深く知る。
もともとのプロレスファン、それにやはり初めてプロレスを見に来てくれた方に、
より親切な、分かりやすく試合を観戦させる方法が重要だったんじゃないか。
パンフレットを2000円出して買って読んでも、やはり映像の説得力には勝てない。

新たなファンを取り込むために、多少の無理は必要だと思うんですよ。
観客の熱を被災地により強く届けるための装置としても。
もともとプロレスは非常識なモノだし。
日本にプロレスが必要だとバカ正直に信じてるし。
まあでも、いろいろと難しいのかね。

総合すると、素晴らしい大会だったと思う。
団体のそれぞれの格、立ち位置、抱える課題もはっきりした。
新日本は、どん底を乗り越えて名実ともに現在の業界の盟主だということが、
より確実なものになった。
現エースの棚橋弘至、次代のエースと目される内藤哲也。
彼らに共通するのは、技術やプロレスに対する真摯さに裏打ちされた明るさ、華。
今の時代の求めるものに合致し、ファンの心を捉えていると思う。
それに団体内の選手層の厚さ、あらゆるメディアを使った巧みな情報戦術、
ファンの心をくすぐり、捉えるストーリー作り。
しばらくは、新日本が日本のプロレスを牽引していくんだろう。
棚橋同い年だし、頑張れ。

全日本も、幾多の苦難を経て若手の育成に成功し、選手の粒も揃い始めて期待が持てる。
何でもあり、おもちゃ箱のように明るく激しく楽しく、キャリアの浅いファンにも届くプロレスを展開している。
内藤、真田の越境次世代エース対決も、ぜひ実現させて欲しい。
実は今回の大会を見て、多くの人にまず見に行きたいと思わせたのは、
全日本プロレスではなかったんじゃないかな。

NOAHは、今後もいばらの道を歩んでいくことが予想される。
プロレス団体の保守本流を自認する彼ら。
保守というのは、スタイルを守るあまりに、そのときどきの課題を先送りする傾向にあると思う。
NOAHの現在は、まさにそんな傾向を示していると思う。
でもその分、NOAHがどのような変化、改革をしていくのか目が離せない。
僕が最も注目しているのは、NOAHの今後です。
多くのひねくれたプロレスファンは、落ち込んだNOAHの動きを静かに見守ってる。
メインでの潮崎、杉浦の絡みは、やはり他を圧倒するヘビーの説得力があった。
積み上げてきた、確かなプロレス技術と試合内容を活かして、
全盛期の盛り上がりを取り戻して欲しい。


次回仙台大会にも期待。今度はチャンピオン同士の対戦や、
ヘビーもジュニアも対抗戦の色を押し出したものが見たい。
今大会で業界が一つになったってことで、
次は「戦い」というプロレスもう一つの本質も見せるべきと思う。
僕はこの大会に、プロレスが団体の垣根をもう一段階取り払うことで、
もっともっと面白くなる可能性を見ました。

プロレスはこういう状況下でこそ、力を発揮するように思う。
だからプロレスを、もっと知って欲しい。もっと利用して欲しいっす。
あ、あとオーロラビジョンが無くても永田の白目はやってほしかったなー。

posted by のりすけ at 18:28| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月30日

伝統野菜

kagura05.jpg


イベントで余った野菜を使い切るために、
久々に自炊しました。
集中してがむしゃらに料理すると脳みそをグルグル使うし、
嫌なことも一時忘れてしまうので良いと思った。
うーん、しばらく節約のためにも自炊します。

それで今日作ってみたのは「かぐらなんばんと春雨炒め丼」
新潟県長岡市の伝統野菜「かぐらなんばん」は、
ずんぐりしたピーマンのような形をしてて、
すっきりした辛さがある唐辛子の一種。
ゴツゴツしたカタチが神楽面を連想させる所から、
かぐらなんばんと呼ばれるようになったらしいです。
(なんばん=南蛮=唐辛子のこと)
爽やかな辛味だけでなく、独特の苦旨みのような味わいも素晴らしい。
15世紀に渡来した唐辛子の原種に近く、
日本の食を考える上でも価値の高い野菜だと思う。
春雨に旨みが染み込んでタマラン、生ビールくれ。

kagura.jpg


僕は10年くらい前、知人が弁当に入れてきた
「かぐらなんばんと春雨の炒めもの」を偶然食べて、脳天に衝撃を受けました。
「これ、ピーマンじゃないでしょ!何ですかこの野菜!」てな感じで。

それで、すぐかぐらなんばんをネットで調べてある農協に問い合わせ、
何袋か取り寄せてみました。肉詰め、揚げ浸し、たたき、
何にしてもサイコーに美味しかった。
これまでたくさんの人に食べてもらったけど、
やっぱ評価は高い。辛いの苦手な人はアレだけど。

あとやっぱ考えてしまうのは、
これからこうしたマイナーな伝統野菜はどうなっていくのかということ。
本当に美味しい野菜は、田舎の庭先で誰にも知られず細々と作られてたりする。
かぐらなんばんが光を浴びたのは、
1995年頃に地元の農業祭で発見されたことがきっかけだと言う。
それまでは民家の庭先で自家用に作られていたそうです。

やたら味噌なんかもそう。すげー美味しいのに、ほとんど知られていない。
別に全国のスーパーで売られればいいなんて思わないけど、
もったいないよなあ。
何で何処もかしこも食べるラー油ばっか作ってんだろう。


kagura02.jpg
posted by のりすけ at 18:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

プロレスLOVEだぜ

「ALL TOGETHER 東日本大震災復興支援チャリティープロレス」
すげー楽しかった。何度も鳥肌立ちました。
ガキの頃からだけど、何度見てもプロレスは素晴らしい。

決して世間から良い評価はされず、
身体を壊しながら、それでもプロレスという、
ルールがあるようで存在しない奇妙な空間において、
流暢な言葉じゃない、阿吽の呼吸を用いた行動で、
一瞬の発想力、身体能力、説得力、技の美しさでプロレスラーは、
プロレスファンという世界一ひねくれてて、
面倒くさい対象にプロレスを届け続ける。
自分を表現する。

ときには数万の目が見つめるスポットライトの中、
ハイレベルな空気の読み合いの応酬をリアルタイムで行わねばならない。
客の反応はどうか、何を今求めているか、
会場の温度はどうか、自分は、相手は輝いているか、
怪我しないよう、させないよう、しかし説得力十分に、
そのために今何をすべきか、されるべきか。
生き物のように動く興行全体を見渡して、
試合を、興行を、シリーズを組み立てる。

こんなことは、よほど人のことを思ってなきゃ出来ない。
ソンケーしちゃうよ。格好良いよ、プロレスラー。
しかもその表現方法が、
一見すると単なる暴力、非常識ってギャップも素晴らしい。
永遠に胡散臭く、さわやかじゃない。
常にある種の狂気と混沌を孕んでいる。
しかし最後に感じるのは、えも言われない感動。
プロレスはギャップと、矛盾の塊だ。
でもそこがサイコーに面白い。
つくづく、プロレスは深い。

僕はプロレスから、
ウソもホントも全部受け入れて楽しむ心、
見た目じゃない真実、本質を見つける力を学んだと思う。
それらは全部、今の日本に必要なことだと思う。

だから、今プロレスはつまんなくなったと言われるけど、
変わらず一生応援していくし、会場に足を運びます。恩返しの意味も込めて。
プロレスみたいな奇妙で面白いモノに変わるジャンルって他に見当たらないし。

プロレスを、知らない人にもっと見て欲しい。知って欲しい。気づいて欲しい。
被災地、日本全体はもちろん、プロレスの復興を心から望みます。

あープロレスのこと書くと止まんねー!
そして書ききれねー!

posted by のりすけ at 16:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月27日

届け、プロレスバカの愛

おはようございます。
今日は武道館でプロレス観戦。
「ALL TOGETHER 東日本大震災復興支援チャリティープロレス」
32年振りのプロレスオールスター戦です。
昨夜は遠足前日の子供みたく、コーフンして寝られなかった。

日本中のプロレスバカが武道館に集まる今日は、
間違いなくプロレスの歴史に残る一日。
ビチっと楽しんできます。

個人的には、ノーフィアーの復活と、
バトルロイヤルに出るヒデオ・サイトーが気になる。

そして被災地に届け、プロレスバカの愛!
posted by のりすけ at 10:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月25日

ある一日

2-4.jpg


新宿二丁目プロレスを観戦してきました。
さすが本場、いろんな意味でよかった。

レスラーのちんこモロ出しは基本技。
とび職のコスプレした宮本選手に亀甲縛りにされた
僕のお気に入りの大橋篤選手が目の前で鞭でシバかれ
「もっとーもっとー!!」と絶叫している。

あ、ばってん多摩川選手が、
○○○に○○○○○○を垂らされて極太○○○を挿入されてる。
あ、マットに戻った大橋選手が、
脚立に逆さまに固定されて乳首をロウソク責めされ
「もっとーもっとー!!」と絶叫している。
とても嬉しそうです。
笑いすぎて、顔面の筋肉が痛い。

インターバルの、おかまちゃんダンサーの素晴らしいダンスパフォーマンス。
楽しく怪しげなムード、会場の雰囲気は終始良かった。
100キロ近い尻を出したレスラーが、
砂被り席の女性の観客にのしかかる(わざと)。
笑いながら逃げ惑い、レスラーを煽る観客。
レスラーも客との間合いを図りながら悪乗りを重ねていく。
人のひしめき合う会場の中全てが一体となって、
生き物のように動いていくプロレス生観戦の醍醐味を見ました。

でもって最後の忍選手のシメのマイクは、
不器用さも相まって何だかジーンとしちゃった。
笑って笑って、最後は感動して、ヒジョーに満足した。
リングもコーナーポストもロープも無し。
しかしこの制約された空間でプロレスをしてしまう、
レスラーのポテンシャルの高さに毎度驚いてしまう。


その後、久しぶりに西荻窪のむし箱に行って飲んだ。
プロレスを見ると何だかムショーに酒が飲みたくなる。
この素晴らしさを上手く伝える術のないもどかしさか。

やまちゃんさんやしんちゃんさんやだーますさんやゆうこさんと、
体位の話や死刑制度の話やATGの映画や原田芳雄の話をする。
結局そのあと赤い鼻で鳥の煮込みを食いながら泡盛飲んで、
トドメに駅前の串かつセンターに行ったら、
むし箱ママのゆりさんが仕事を上がって一杯やっていた。

で、お日様が出るまでマスターのかがみさんと、
プロレスや格闘技の未来について小学生の夢みたいな話をした。
中国の山奥に住んでるかもしれないカンフーマスター、
地下プロレスの王者や現役特殊部隊のつわもの、
プンチャック・シラット、ムエカッチュアの達人や、
箱根の結界の中に住んでるかもしれない風魔一族の末裔なんかを
IT長者とかの金持ちが全部探し出してきて、
天下一武道会みたいなのをやらないと格闘技に明日はないとか、
小学生みたいな話を延々と。
楽しい一日でした。

お盆や年末年始に帰省したり田舎を旅すると、
かなりの高確率で「東京は住むところじゃない」と言われます。
空気は悪いし早死にするけど、
東京はこんなコトも出来るから楽しいと思う。



posted by のりすけ at 17:26| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月15日

珍竹林復活ッッッ!

chinchiku_top.jpg


僕の行きつけの西荻窪の居酒屋「珍竹林」の大将、
足の水虫が悪さして足全体(恐らく左足)に回り、
立てないほどの腫れと痛みでここ一週間ほど休養・入院されていたとのことです。

でも退院してすぐ築地に仕入れにいったりして、
「膝の痛みには参ったけど、築地に行ったら治っちゃいましたよ。」なんつって、
その翌々日には業務再開。
やっぱあの業界の人の回復力はハンパないってことか。
膝をパンパン叩いてワハハと笑って、とても元気そうでした。

2011-04-28 21.32.48.jpg

特大ワタリガニ(甲羅20cmくらい)三杯で2,000円を切る狂気


今日は食後だったし様子見ってこともあって早めに切り上げ。
生ビールと麦焼酎ロック一杯ずつ也。
おつまみは突き出しのマルちゃん豆(わさび風味の茶豆)、
イカ納豆でした。イカ納豆ったって量十分多いっす。
思わずベルトの穴一つ隣にずらしましたもん。

しかし、ああ良かった。
これからちょっとの間そんなに頻繁には遊びに行けなくなるけど、
大将にはいつまでも元気に無茶盛り激ウマ激安メニューで、
僕らをびっくりさせてほしいっす。

芽出度い、珍竹林復活ッッッ!

chinchiku.jpg

この量で一人前。鮎とか河豚とか入ってるし安いし狂ってる。



posted by のりすけ at 22:55| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

花瓶を借りる

今日は入院中の師匠の誕生日で杉並リハビリテーション病院にお見舞いに行ってきたんですけど、
その前に西荻窪の古い花屋で花を買ってさ、だけど花瓶って花屋には売ってないんですよね。
KISSCAFEにも使える花瓶が無くって、困った。

それで花瓶売ってそうな西友の園芸コーナーも瀬戸物やさんもちょうどお休みで超困ってて、
西荻デパート(といってもとてもデパートの外観・内容ではない)の中の別のお花屋さんに聞いてみたところ、
店主のおばちゃんが「花買って花瓶が無いんじゃ困っちゃうもんね。困ったときはお互い様、花瓶買うまで貸してあげる!」
って言って店の花の陳列に使うガラス製の花瓶を貸してくれました。

僕は連絡先と氏名を一応書いてお言葉に甘えることにしました。

おかげさまで師匠のベッドの隣には、
花瓶に生けられた綺麗な花束がゆれている。
西荻デパートがんばれ。つぶれんな。

(西荻デパートの外観はすごいですよ。今回、写真撮るの忘れちゃったけど)
posted by のりすけ at 22:16| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月10日

のり散歩 新木場 夢の島公園〜暗黒プロレス観戦

yu04.jpg

久々の「のり散歩」です。
と言っても散歩自体はよくしてるんですが、
こういう風に書くのは久しぶりです。

新木場にはたまにプロレス見に行くんですが、
いつも試合開始ギリギリに行ってた関係で、
駅からすぐそばの夢の島公園に行ったのは
プロレスの当日券買って時間が余った今回が初めて。

yu03.jpg

天空の城ラピュタの一場面っぽい?

夢の島と言えば水木しげる大先生のゲゲゲの鬼太郎で巨大アカナメが誕生した、
ゴミと悪臭とハエのとんでもない場所だという印象があったけど、
もう随分前から綺麗になって植樹がなされ、
安藤忠雄氏が「海の森」とか言うプロジェクトを進めていると
テレビか何かで以前見ていました。

yu05.jpg


うん、確かにもう巨大アカナメやマンモスフラワーが出現しそうな場所ではなかった。
種類豊富な樹木が植えられ、芝生の広場なんかもあって、
鳥のさえずりや木々の葉ずれの音が聞こえる。ゴミの島の面影は全くありません。
でも何というかその、人間臭さが感じられないと言うか、
どこか薄ら寒いような寂しさがあるような場所ですね。
埋立地ってのは往々にしてそうなのかもしれないけど。
自然にあふれてるのに、何か無機質な感じがしてしまう。

yu08.jpg

敷地内にある第五福竜丸のエンジンの展示 
沈没から30年近くを経て海中から引き上げられたらしい


特にこの日は夢の島の施設が軒並み休館日だったっていうこともあって、
一人の人間ともすれ違わず、遠くから港湾作業か何かの重機が動く
「うおーん」という重低音が響いてくるだけで、
何やら人類の文化の廃墟にいるみたいな奇妙な気持ちになった。

ゴミの島というイメージを払拭しようと努力した多くの人のことも考えないといけないし、
夢の島にも人の暮らしがあるに違いない。
まあでも、夢の島じゃなくても埋立地って何か苦手だわ。
たとえばお台場何かで周りは人ごみであふれてても、
何というか人間の住む場所ではないというか、
なるべく早く立ち去りたい気分になってしまう。

そもそも大体僕の散歩する場所はいつも必要以上に人間臭く、
生活感や生活臭にあふれ過ぎているような土地ばかりなんだよな。
気を取り直して早くプロレスを見に行こう。

会場の新木場ファーストリングは、木材倉庫の隙間みたいなところにある、
プロレスや格闘技イベントが多く行われるその手のマニアには有名な会場です。
試合開始前から、プロレス会場独特のクセのありそうなファンの皆さんが会場前で談笑してる。
特に666のときは、ゴスロリファッションの女の子、モヒカンのゴツいお兄ちゃんとかが多い。
僕もワゴン販売のインドカレーを食いながら、開演時間を楽しみに待ちます。

66602.jpg


今回見に行った暗黒プロレス団体666は、耽美系ゴシック幽霊レスラーの「怨霊」選手と、
殺害塩化ビニールのバカ社長こと「クレイジーSKB」氏が発足した、
その過激と言うか無茶な演出で会場の出入り禁止を食らったり
まあいろいろとアレなプロレス団体です。

団体コンセプトは、
「超行き当たりバッタリ・エンターテイメントプロレス・フロム・あの世」。
行き当たりばったり、確かにそうかも。
でも、そもそもプロレスとはレスラーやスタッフの機転と、
観客や会場の空気が複雑に化学反応を起こして生き物のように状況が変化するものであるし、
多少内容がグダグダしても許容してしまうのがプロレスファンの懐深さ。

面白ければそれでいいじゃないかというプロレスファン心理の一部からすれば、
この団体ほどある意味プロレスらしいと言える団体も無いかもしれない。
レスラーのパフォーマンスや個性、技術だってもちろんすばらしい。
まあ難しいことはいいやと思って缶ビールを飲みながら試合を見る。

66605.jpg

手前の人は女子レスラーじゃなくて、男子レスラーです


この日は停電?中に魔物(写真動画撮影禁止)が乱入して大量の爆竹に点火、
会場内の煙と異臭で興行が一時中断したり、ビンラディンの生首が投げ込まれたり、
レスラーが試合中にホットプレートで焼肉焼いて食ったり(焼肉のいい匂いがした)、
ヤ○ザレスラーの先輩がセカンドバッグから拳銃出して相手レスラーを脅したり、
ウルトラマンロビンさんが明らかに空を飛んだり、
会場の電気が手動自家発電だったり、記者会見もあって盛りだくさんな内容でした。

特にギラギラボーイズ絡みのタッグマッチでは、
半裸のセクシーお姉ちゃんやムキムキテカテカのマッチョ兄さんたちと、
レスラーが入り乱れてリング内外で踊り狂ったり。
二丁目のストリップショーのような様相で、
ある意味プロレスそのものよりお姉ちゃんに釘付け状態。
異様な盛り上がりを見せていました。
お客さんは皆、最初から最後まで心からプロレスを楽しんでいい笑顔。
プロレスの空気に乗せられ、同化し、全身でプロレスを感じる。
とにかく見てて楽しい興行でした。

66603.jpg


何より、新潟のとことんのどかな棚田の風景に浸っていた翌日、
突如迷い込んだこの怪しく淫靡で毒々しげなプロレスと夢の島、
人間の業丸出しみたいな世界。
このギャップがたまんねー、みたいな良い思いをさせていただきましたよ。

知ってる人は知ってると思うけど、
今プロレスは事故続きで大変です。まあ昔から何かと大変ですが。
僕はチケット買って見に行くくらいしか出来ないけど、
応援してるんでこれからも業界の皆さん、ホント頑張ってください。

最後は散歩と言うよりプロレスの話になっちゃったけど、まあ久々なんで。

66601.jpg





posted by のりすけ at 02:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月08日

いつからこんな自然派に

060801.jpg


今日はkisscafeの田んぼの桶の下に穴が開いて水漏れしてたので、
泥だらけになりつつ、一旦苗たちを別の容器に移しました。

で、ついでにもう一つの容器に畑も作った。
桐沢集落のウコン氏にもらった南蛮(トウガラシ)の苗木と、
ローズマリーと何かのハーブが植わってます。

ミニ畑の奥の方にはゴーヤを植えて、流行のグリーンカーテンを作るらしい。
隣の池には、メダカと桐沢の田んぼから直輸入のオタマジャクシも泳いでいます。

お米も含め、果たして無事に育つかな。
今年も猛暑らしいし、最近台風が大きいので心配です。
しかし、いつからこんな自然派に。
posted by のりすけ at 19:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

イタリアンを食す

itarian01.jpg


長岡名物イタリアンを食った。
表参道の新潟館エスパスで買ったレトルトのやつ。

イタリアンってのは、長岡を中心に、みかづき、フレンドってチェーン店で出されてる、
焼きそばソースを絡めた麺にトマトソースをかけて食すB級グルメです。
一見麺が太いのでうどんっぽいけど、実は中華麺なんだね。

itarian02.jpg


ホントはもやしとキャベツを入れるんだけど、
もやしが無かった。あと生姜の酢漬けの千切りも。
だから正調イタリアンじゃないよな。
今度は長岡に行ったときに食べてみたい。

味は、まあ想像通りの味です。
麺はもちもちして美味しかった。
高校生くらいの頃に出会っていたらよく食ってたかも。
愛知県民におけるすがきやラーメンみたいなもんかな。


posted by のりすけ at 18:37| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。